2007年02月27日

まがりがね・曲尺

直角におれまがった形状をした金属製のものさしがあります。大工仕事につかわれます。かねじゃく というものです。漢字では 曲尺 とかかれます。

カネ尺の1尺は クジラ尺(鯨尺)の8寸だということです。そのカネ尺を計測する ものさし には 直角にまがったものだけではなく 直線のものもあるのですが、カネ尺といえば まがった ものさしがイメージされます。

メートル法完全実施のときに クジラ尺もカネ尺も禁止され、販売は もちろんのこと、使用も罰則つきで禁止されました。年配者がこまりました。永六輔氏が「鯨とカネ 売ります」(文字づかいは正確ではないかもしれません)という書籍をかかれ、せめて 罰則は なしにしてくれ、と うったえていらっしゃいました。実際に販売もなさったのではなかったでしょうか。その後、罰則は適用されなくなったように記憶しております。

この「曲尺」を、ワイド ニュース番組でキャスターが、実物を手にして、「まがりじゃく」といっておりました。

直角にまがっている、尺が単位の ものさし ですから、「まがり尺」には ちがいはありませんがね。

「まがりじゃく」という いいかた も あるのだろうか、と疑問におもいましたよ。辞書にあたってみましたら、「まがりがね」という いいかたは あるらしいです(「あるようです」と かきかけました。一昨日のエントリーで、根拠のないのが「ようだ」で、根拠があるのが「らしい」だ、と かいたばかりですのにね。まだ、身についていないのですね)。けれども、「まがりじゃく」は ありませんでした。こういう いいかたをしている 地域もあるのでしょうかねえ。
posted by showhay at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3424889
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック